保育士を目指す人が進むべき学校|自分の夢を叶えよう

文房具
このエントリーをはてなブックマークに追加

免許取得までの道のり

子供

幼稚園教諭は文部科学省の管轄で指導を行なう教員になります。そのため幼稚園教諭になりたいのであれば、4年制大学や短期大学を卒業し教諭免許を取得しなければなりません。

詳細へ

保育士になる方法

保育士

昨今は少子化が国家レベルで問題になっています。少子化が進むと保育所や保育士の需要は低くなるのでは、とも思ってしまいがちです。しかし実際はそんなことは無く、女性の社会進出によって共働き夫婦が増えたこともあり、むしろ保育所や保育士の需要はさらに高まっていくことが予想されています。実際に最近では会社の中に託児所を設ける企業や、店舗内に一時的な託児所スペースを設けている商業施設も多くなっています。これに合わせて保育士を養成するための学校の数も増えており、今後はより保育士としてより高いスキルが求められる時代になるでしょう。

そんな将来的なニーズがある保育士になるためには、国家資格を取得しなければなりません。そしてその資格を取得するには、いくつかの方法があります。1つめは高校卒業後に厚生労働省に認定された保育系の専門コースがある大学、短期大学、専門学校を卒業する、という方法です。厚生労働省に認められた養成施設であれば、卒業と同時に保育士資格を取得することが可能です。2つ目は、養成施設以外の一般の大学を卒業した後に保育士試験に合格し保育士になるという方法です。すべての保育施設が該当するわけではありませんが、4年制大学を出ている保育士の方がその他の保育士に比べて給料が高くなる傾向があります。

最も短期間で保育士の資格を取得したい人の場合、2年生の専門学校や短期大学を選択すると良いかもしれません。しかしこちらの場合、2年間という短い期間で実習を行ないながら様々なことを覚えなければならないため、アルバイトなどをする余裕がなくなってしまうことが考えられます。自分に最適な方法で保育士を目指しましょう。

試験を突破する秘訣

女性

オフィスで働くスタッフが一定の人数を超えた場合、オフィスの管理者は衛生管理者資格を所有するものを1名以上選任する義務があります。衛生管理者資格試験に合格するためのポイントを押さえておきましょう。

詳細へ

介護福祉士の受験資格

介護

高齢化が進む日本では、介護職のスペシャリストである介護福祉士の存在は非常に重要です。介護福祉士になるためには国家試験に合格する必要があります。しかし介護福祉士の国家試験は誰でも受験出来るわけではありません。

詳細へ