保育士を目指す人が進むべき学校|自分の夢を叶えよう

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

介護福祉士の受験資格

介護

世界的に見ても高齢化が進む日本は、今後の高齢化社会にむけて介護の専門知識や経験が豊富な人材の確保が急務になっています。その中でも特に注目を集めているのが介護福祉士という職業です。介護福祉士は介護職の中で唯一の国家資格になります。介護福祉士は介護のスペシャリストになるため、資格所有者は様々な環境でそのスキルを思う存分発揮することが出来ます。そんな介護福祉士は働く場所に困らないというのも魅力の1つです。介護資格の上級資格として、世間的にもその知識や経験が認められているため、特別老人ホームや介護老人保健施設、有料老人ホーム、デイサービスといった場所から求められています。

介護福祉士の資格を取得するためには、国家試験を受験する方法と、養成施設を卒業する方法の2種類があります。介護福祉士の国家試験は特定のルートを進んだ者のみが受験資格を得ることが出来ます。この特定のルートには「3年以上の実務経験を積む」、「福祉系高校を卒業する」という2つがあります。3年以上の実務経験を積んだ者の場合、筆記試験と実務試験を受けて資格を取る方法が一般的です。しかし介護技術講習や実務者研修を受けている者は実技試験が免除されます。そして福祉系高校を卒業した者の場合、実務経験を積んだ者と同様に、筆記試験と実務試験を受験するのが一般的です。しかし平成21年以降に高校に入学している場合、カリキュラムの内容が変わっているため実技試験が免除されます。しかし介護福祉士に関係する法律は改正される頻度が多いため、受験する年の法改正の内容を確認しておきましょう。