保育士を目指す人が進むべき学校|自分の夢を叶えよう

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

免許取得までの道のり

子供

幼稚園教諭を目指しているなら、自分自身の性格や考え方を再確認しておきましょう。一般的に幼稚園の先生に必要な要素としてイメージされるのが子供好きや、細かな作業が得意、責任感があって真面目、といったものがあります。しかそれ以外にも子供に対して真摯に向き合い、嫌われる覚悟で的確に指導できるメンタルがあることも重要です。幼稚園に通う児童は年齢的に大人の影響を強く受ける時期になります。そのため親の次に一緒に過ごす時間が長い幼稚園教諭の一挙手一投足は、児童たちの模範でなければなりません。

幼稚園教諭は文部科学省の管轄の元、学校教育法に則って指導を行ないます。そのため幼稚園は保育所のような児童福祉施設ではなく、幼児教育を行なう学校として位置付けられています。幼稚園教諭になるためには、教職課程がある4年制大学、もしくは短期大学を卒業しなければなりません。社会人が幼稚園教諭を目指す場合、昼間に4年制大学や専門学校に通うのが難しいということも考えられます。その場合の方法としては、まずは通信教育などで保育士資格を取得します。そして、そこから3年間保育士として現場で実務経験を積み、幼稚園教員資格認定試験に合格すれば幼稚園教諭第二種免許の取得をすることが出来ます。しかし、この方法は4年制の一般大学を卒業していることが前提になります。大学卒業資格を持っていない方は、まずはそこから取得しなければならないということを認識しておきましょう。