保育士を目指す人が進むべき学校|自分の夢を叶えよう

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

試験を突破する秘訣

女性

常時使用労働者の数が50名以上いる企業や事業所の管理者は、衛生管理者資格を保有しているスタッフを1名以上選任しなければなりません。これは派遣会社のようにオフィスで働いているスタッフが少人数であっても、実際に事業所に登録されているスタッフが50名を超えている場合は衛生管理者資格の保有者を選任する必要がります。衛生管理者が行なうべき業務内容としては、労働者の危険や健康障害を防止するための対策、労働者の安全衛生のための教育の実施などがあります。ここで紹介した内容の他にも、衛生管理者が行なうべき仕事はいくつかあります。

衛生管理者資格は国家資格になるため、しっかりと学習したうえで試験に臨まなければ合格することが出来ません。衛生管理者資格試験に合格するためには、合格ラインを把握しておくことが大切です。衛生管理者資格試験では全体で6割以上の得点を獲得しなければなりません。第一種衛生管理者資格であれば5科目出題されますが、それぞれの科目で4割以上の得点の確保が最低条件です。つまり全体的には6割を超えていても、得点の獲得率が4割を下回る科目が1つでもあった場合、不合格となってしまいます。そのため、衛生管理者資格試験に合格したいならすべての科目をまんべんなく学習することが大切です。しかし考え方を変えれば、得意科目で高得点を出せば、不得意科目が4割でも合格できることになります。最後に衛生管理者資格の試験時間は3時間に設定されています。このように通常の国家資格よりも試験時間が比較的長いという特徴があるため、焦らずに落ち着いて問題を解くことも大切なポイントです。